辛い痛風はこれで克服しました|嘘のように症状が緩和される改善法

女医

成功させるための秘訣

女医

特異抗体を利用すれば、細胞の抽出と雑多であるタンパク質から目的に合ったターゲットを見つけることができます。この方法を免疫沈降と言い、成功させる秘訣もネットで探すことができます。この免疫沈降は、適さない場合であっても問題はありません。ターゲットであるタンパク質の中にFLAGやHAが含まれていれば免疫沈降を進めることができます。ただ、タンパク間で相互作用を証明させるためには、やはり難しい部分が多々出てくるので成功の秘訣を握る参考書の活用は積極的に行ないたいものです。

免疫沈降を成功させるためには、細胞の種類をまず把握し培養条件に見合っているかどうか時間をかけ調べあげることが重要です。また、ターゲットであるタンパク質への刺激の有無は忘れず確認することも重要でしょう。タンパク間相互作用における変化は、様々な要因の元で成り立ちます。そのため、根気強く検討を繰り返すことが成功の秘訣になります。尚、抗体の質でダメなものがありますので、何を試しても結果が得られない時は他のメーカーで開発された抗体を試すという柔軟性を持ちましょう。しかし、免疫沈降はそこまで簡単に成功するわけではないため、他の抗体を使った実験でもターゲットのタンパク質へ辿りつけないことがあります。そのため、最終手段としてタグ付きのタンパク質を使います。別名、タンパク発現系と呼ばれるものは、非常に有効な検討方法になり目的のタンパク質精製を成功させています。ただし、過剰発現系は別で結合の検出がなされる可能性が高くなるため、内在性の相互作用の検出が求められることがあります。